歌い手

ヨルシカ人気急上昇!メンバーsuisとナブナ!!素顔非公開には理由が…

人気急上昇中のユニットヨルシカ

ヨルシカの楽曲はスッと心に染み込んできて中毒性があると話題です。

今回はそんなヨルシカの素顔に迫ります!!

ヨルシカのプロフィール!

ヨルシカとは、ボカロP出身のn-bunaさん女性シンガーのsuisさんをボーカルに迎えて結成したユニットです。

ヨルシカという名前は、雲と幽霊の歌詞の一節夜しかもう眠れずにからきています。

また、ロゴマークは月と月が向かい合って目のようになっているデザインで、時計の針にもなっており“6時から夜という意味が込められているそうです。

名前もロゴマークもなんだか幻想的ですよね。n-bunaさんが紡いだ言葉とsuisさんの透き通った声で作り上げられる楽曲にぴったりです!

それではおふたりのプロフィールを紹介します。

suis(スイ)

  • 本名:非公開
  • 生年月日:非公開
  • 出身地:非公開
  • 身長:非公開
  • 血液型:非公開

n-buna(ナブナ)

  • 本名:非公開
  • 生年月日:非公開
  • 出身地:非公開
  • 身長:非公開
  • 血液型:非公開

プロフィールとは

通常、公開されている情報を並べてプロフィールとして紹介するのですが、suisさんもn-bunaさんもびっくりするほどオール非公開でした。

これほど非公開という文字が並ぶアーティストも珍しいですが、ここまで情報がないというのもなんだか逆にスッキリするような気もしますね。

ただ、このままではプロフィールとして成り立ちません。どうにか公開されているものがないかと探しているとn-bunaさん、Twitterで年齢を暴露されていたようです!

残念ながら現在そのツイートは見ることができませんでしたが、2018年当時23とのことでした。

1995817日生まれで間違いないそうです。今年26歳になられるのですね。

今でも20代半ばとお若いので、活動を開始された時は10だったということになります。

作品を年の若さで評価されたくない”と言う理由により年齢を公開されていなかったようですが、23歳の時に“もういい年だし隠すこともない”と公表されたそうです。

確かに、なんだこの若造は!なんて思う人もいるのかもしれませんが、わたし的には10代で才能を開花されたn-bunaさん、純粋に凄すぎると思います!

年齢なんて関係ないですよね!!

そしてどうやらsuisさんもn-bunaさんと同い年のようです。suisさんの生年月日は公開されていませんが、201912月のYouTubeラジオにておふたりが同い年ということが公表されました。

結局n-bunaさんの誕生日とおふたりの年齢しかわかりませんでした。ヨルシカの謎は夜の闇のように深そうですね。

おすすめ楽曲

プロフィールはあまり紹介できなかったのでおすすめ楽曲をしっかりと紹介したいと思います!

雲と幽霊

こちらはヨルシカの名前の元となった曲です。そして、言って。”で亡くなってしまった男の子へのアンサーソングでもあります。

“言って。”には“空が青いのってどうやって伝えればいいんだろうね”という歌詞があり、“雲と幽霊”では“君と座ってバス停見上げた空が青いことしかわからずに”と呼応しているのですが…

ヨルシカの楽曲ではこのように他の曲への伏線のような繋がりがしばしば見られます。なんだか聴く小説のようで癖になっちゃうんです。

これもヨルシカの魅力のひとつと言って間違いないでしょう!!

だから僕は音楽を辞めた

ポルノグラフィティの岡野さんが初めてこの曲を聞いた時、つい足を止められたそうですよ。ライブでもカバーされたのだとか!

そんな、ピアノアレンジが美しいこちらの曲はアップテンポでしっかりとした内容の歌詞とは裏腹なsuisさんの落ち着いた声色が魅力的です。

ただ、落ち着いたと言っても力強い歌い方なんですよね。私の感想が矛盾しているという自覚はあるのですが本当なんです…。

みなさんも是非この曲を聴いてわたしと同じ矛盾を味わってみてください(笑)きっとsuisさんの表現力の高さに驚きを隠せないでしょう。

風を食む

この歌い出しの凛としたsuisさんの歌声が大好きなんです!どこか儚さも感じられる繊細な歌い方はsuisさんの透明感をより一層際立たせているように感じます。

また、こちらの曲も“盗作”で出てくる方の奥さんが作られた曲と言う設定なのではないかと…。そしてその奥さんは既に亡くなられている(設定)のですが…。

考察をしながら聴き進めていくとどんどんヨルシカの魅力にハマってしまいませんか?

また、哲学的な言葉や文学的な言葉が取り入れられていたり、言葉遊びや押韻など、ヨルシカの曲の歌詞には惹き込まれる要素しかありません。

n-bunaさんの書かれる歌詞に魅了されて抜け出せないのはきっと私だけではないでしょう。

歌詞にネガティブな表現を使われている曲もあるのですが、それをネガティブなものと感じさせない曲調やsuisさんの声色がとても素敵で、ヨルシカの曲は一生聴いていられる気がします。

これからの季節、透き通った歌声爽快感を感じたい方は是非“伊東歌詞太郎さん”の曲をオススメします↓

伊東歌詞太郎は高身長!!お面に隠された素顔、実はイケメン!?歌い手として活動されている伊東歌詞太郎さん、その透き通る歌声が話題となりCM曲としても採用されるなど一躍有名になりました。 今回はそん...

素顔非公開には理由がある!

ライトの逆光によりステージはほぼ見えませんがなんとなく見える女性はsuisさんなのでしょうか…?

お知らせ!?まさか!?素顔が…公開!??

と言う希望は儚く砕け散りましたが、こちらのお知らせでは新曲情報が発表されました!!

こちら、ヨルシカの今現在の最新曲です。では、お話を“素顔について”に戻しますね。

歌い手をされている方は身バレ防止のため素顔を隠されている方が多いイメージがあります。

ヨルシカのおふたりも顔出しをせずに活動されていますが、それには先入観を持たずに音楽を聞いてほしいという理由があるのです。

確かに!正直、顔出しされているアーティストだと、顔がタイプだから気になって…”と言ったファンや、逆に、歌は好きだけど顔が…”と言うことも無きにしも非ずですよね。

最初に紹介させていただいたプロフィールとは呼び難いプロフィールもこちらの理由により非公開で埋め尽くされているそうですよ。

ヨルシカのようなしっかりとした理由があれば素顔非公開にもすごく納得できますし、おふたりの音楽への愛や本気度を感じることができますよね。

そして、ファンとしても楽曲だけにがっつりと集中できる気がしませんか?

気になる素顔

しかしながら、隠されると気になるのが人間の性。やはり、正直、少し、おふたりの素顔が気になっちゃうのではないでしょうか。

どうにかこうにか顔の雰囲気が掴めそうな動画を探してみました。

おっと!見えない素顔を頑張って見ようとすると楽曲を楽曲を聴くという行為が疎かになってしまいますね。

これでは先入観を持たずに音楽を聞いてほしいと言う思いを無下にしてしまっているような

ヨルシカファンのみなさん!是非先程素顔を見るために開いた動画をもう一度、楽曲を聴くために開くことをオススメします。

本当に素敵な曲ですので、次は聴くことに集中してくださいね。

そして、実は、ライブでは普通に顔出しをされているようです。とは言っても、人気のため当選の確率がとても低いようですが…。

どうやらsuisさんはとても美人さんのようです!これは余計に気になりますねっ!!

素顔を見る機会は他に無さそうなので、どうしても気になるという方はこまめにライブ情報をチェックする必要がありそうです。

そして更に、suisさんは裸足でステージに立たれているのだとか!?脚フェチの方やアキレス腱フェチの方には嬉しいお知らせですね!

ヨルシカの曲を生で聴けて気になる素顔も拝めるライブはきっと至福の時間となるでしょう。

ファンから“社長”の愛称で親しまれている“ウォルピスカーターさん”も素顔非公開の歌い手さんです↓

ウォルピスカーターwiki風プロフィール!!噂のウォルピス社の社長!!ウォルピスカーターさんをご存知でしょうか?1度聞けば病みつきになる高音ボイスには惚れる人が続出してるという噂の歌い手さんです。 こ...

顔出しされてる歌い手さんってイケメンが多いんです!是非こちらの記事で目も心も潤わせてください↓

luz(歌い手)のお顔が美しすぎる!!ハーフって本当!?真相は...!!溢れ出る色気を抑えきれていない美しい歌声が話題のluzさんは、歌い手の中では珍しく素顔を隠すことなくしっかりと公開されております。 そ...
天月の病気とは?顔が昔と変わったって本当!?素顔はイケメンなの??歌い手として動画投稿から活動を始められた天月さん。得意のハイトーンボイスを活かした歌声が人気で、メジャーデビューされた今ではアニメのオー...

まとめ

ヨルシカまとめ
  • n-buna(ナブナ)とsuis(スイ)の男女2人組のユニット
  • プロフィールや素顔は基本的には非公開
  • 情報が非公開なのには“先入観を持たずに音楽を聞いてほしい”と言うしっかりした理由がある

いかがでしたでしょうか?ヨルシカの謎はとても深いですが、そこには音楽に対する熱い想いが込められていることがわかりましたね。

そんなおふたりにより作り上げられた“美しい”や“綺麗”などと言った単純な言葉では言い表せられない楽曲に心を掴まれたあなたはもうヨルシカの沼から抜け出せませんよ。

まだまだお若いヨルシカ、これからの活躍にも期待したいです。