おもしろ系YouTuber

スカイピースの炎上をまとめてみた!!あだ名、喧嘩騒動は謝罪済み?

みなさんはは スカイピースという2人組みのYouTuberをご存知ですか?

いつもは楽しくなるような動画を配信してくれる2人ですが度々炎上しています。

今回は2人のプロフィールと共に これまでの炎上理由をまとめました。

プロフィール

引用:Twitter

スカイピースは現在チャンネル登録者数 322万人 人気YouTuberです。

お店で1万円を使い切る「一万円企画」や検証動画などを投稿しています。その他にも2人の得意なフリースタイルのラップや有名楽曲のアレンジカバーなどといった動画も投稿していて 10代20代から人気な2人です。

テオくん

引用:Twiter

  • 本名    寺島大輝(てらじまおおき)
  • 生年月日  1995年7月24日
  • 出身地   千葉県
  • 血液    AB型
  • 身長    174cm

以前はVineを中心に活動していました。6秒間のネタ動画をあげていたそうです。

テオくんってイケメンですよね!若い女性に人気があるのがわかります。Vineで活動されていたのは知りませんでした。

☆イニ☆(じん)さん

  • 本名    藤枝仁(ふじえだじん)
  • 生年月日  1995年10月27日
  • 出身地   東京都
  • 血液   AB型
  • 身長    169.5cm

以前はニコニコ動画で非リアをネタにした替え歌ラップを投稿していたそうです。

眼鏡がとってもお似合いです。個人的にはイニさんのとても素敵な声が好きです。

スカイピースの動画は見ていると楽しくなるものが多く、人気なのがわかります。また音楽活動もされていて、YouTuberとは思えない程歌がうまいことにも驚きました。

炎上まとめ

引用:Twitter

スカイピースの2人は人気がある故に炎上する事がありました。これまでどんな理由で炎上してきたのかを調査しました。

あだ名がひどい

2018年12月7日に「【謝罪】こんな失礼な動画はありません。【まあたそ】」というタイトルの動画を投稿しました。(その動画は削除済み)

この動画は他の人気YouTuberたちにあだ名をつけるという企画でした。しかしそのあだ名がひどく、視聴者からは「 おもしろいというよりただの悪口」「 失礼すぎる」といった批判が相次ぎ炎上しました。

それではどんなあだなをつけたのかさくっといきましょう。

ヒカルさん → エンゼルフィッシュ
(ヒカルさんの髪の毛の色から「エンゼルフレンチ」というあだ名がもともとある)

すしらーめんりくさん → 一般人

カンタさん(水溜りボンド) → ざこ

ないとーさん(おるたなChannel) → おじさん

怪盗ピンキーさん → ピンクち○こ

デカキンさん → ブンブンクソ○○

草なぎ剛さん → おこぼれ

この動画は122万回以上再生されましたが、 低評価率が普段に比べてかなり高く、彼らのことが好きなファンからもあまり良い印象を持たれなかったことがうかがえます。

クスッと笑えるあだ名をつけるので有名な有吉さんと比較すると、残念ながら笑えません。特に草なぎさんのおこぼれというあだ名は??です。長年活躍されてきて、社会貢献活動もされている方に対して失礼すぎます。

動画の投稿後、批判が相次いだためスカイピースの2人とまあたそは謝罪することになりました。

謝罪の内容はこちら。

あだ名を付けられたYouTuberのファンからすると嫌な気持ちになるかもしれませんね。3人はただ笑ってもらいたくて動画を投稿したみたいですが、もう少しファンの方たちの気持ちを考えなければいけませんでした。

テオさんとよりひとさんの喧嘩騒動

この喧嘩騒動は2019年1月 テオくんとYouTuberや芸能人をいじり、炎上することの多いYouTuber よりひとさんとの間で起こりました。

よりひとさんにテオくんがTwitter上でマジギレ

よりひとさんが投稿した動画に対して テオくんがTwitter上でマジギレし、それがファンの間でざわつかれました。

そのテオくんのマジギレツイートも既に消されていますが内容は
お前のネタで笑ったことがない。
いろんな人のデマネタでたくさんの人を泣かせ人の心を傷てけている。

といった内容でした。

よりひとさんの投稿した動画のサムネイルとタイトルが当時、2019年1月1日に亡くなった アバンディーズエイジさんや事故の時に一緒にいたYouTuber すしらーめんりくさんを使ったものであったことに対し、テオくんは怒ったのです。

よりひとさん挑発する

よりひとさんはテオ君のツイートに対し動画内で

言いたい事あるなら本気で来いよ「スカイピース」」と挑発しました。

そしてよりひとさんは、 問題となった動画は、サムネイル、タイトルと内容は趣旨が違うということを弁解しました。

よりひとさんの動画はアバンディーズエイジさんとすしらーめんりくさんをネタにしていじるものではなく、すしらーめんりくさんに対しての批判に関して「事実ではない」という 正論を述べ、誤解しないように注意喚起する内容だったのです。

お互いに謝罪し和解

その後テオくんは視聴者に対して以下のような謝罪ツイートをしました。

よりひとさんは、テオくんとお互いに謝罪したことを動画で話されました。
視聴者に対しても謝罪しています。

こちらの動画です。

そしてよりひとさんは問題となった動画のサムネイルとタイトルを変更しました。

しかし…8:22頃からよりひとさんらしい内容になっています。私も見て、あぁ、やっぱり、って思いました。

この一連の騒動に関してファンからは以下のようなツイートがされていました。

この喧嘩騒動はお互いがちゃんと連絡を取り合っていればここまで騒動が大きくなることは無かったと思います。和解して良かったと思う一方、人気YouTuber同士が喧嘩すると動画の視聴回数が多くなり儲かるのかと思うと少しもやもやが残ります。

テオくんとこなんさん交際疑惑

引用:Twiter

2017年ごろから テオくんと同じ事務所(VAZ)のYouTuber こなんさんは付き合っているのでは!?と噂されていました。2人が仲睦まじい様子の写真や、こなんさんがにおわせているような内容の投稿をしたため度々炎上しました。

VAZは同じ事務所内での恋愛は禁止していて、2人は交際していないことをそれぞれコメントしました。

こなんさんのツイートがこちらです。

一方テオくんは2018年4月29日に ツイキャスでこの件に関して否定しました。

しかしその内容が 完全に否定しているわけではなく、曖昧であったということで、ファンからは 納得してもらえず炎上しました。

この後もこなんさんはにおわせる言動や投稿で炎上し再び謝罪しています。

なかなか鎮火しません。
2人は交際を否定していますが動画や写真を見ると本当に付き合っていないのかな?と疑問に思ってしまいます。

交際疑惑があった後だったら普通、できるだけ距離を置いたり、2人一緒の写真や動画を控えたりするのが普通ですよね。女子が嫌いな”におわせ”が火に油となってしまったのでしょう。

嵐に先輩づらで嵐ファンキレる

2019年10月21日スカイピースが「 嵐へ向けて。」というタイトルの動画を投稿しました。

これは 当時新しくYouTubeチャンネルを開設した嵐にネタを提供する、といった内容で 上から目線だ!と炎上しました。

そもそも嵐のチャンネル開設は楽曲などの公開がメインであり、企画を投稿するものではないため嵐ファンからの非難が殺到した様です。

スカイピースの2人が提供した企画は以下のようなものでした。

  1. 嵐&スカイチーム10人で人狼ゲーム
  2. 1万円企画
  3. 台本なしのガチ5人旅
  4. 嵐の質問コーナー

さらに、最後の方では「 ユーチューブを盛り上げたい気持ちは同じなので、一緒に頑張りましょう」などと呼びかけていました。

この動画に対して「 嵐に先輩ヅラするってやばすぎる。天狗になり過ぎ」「 なんで上から目線なの?嵐は芸人とかじゃないんだけど」「 少しでも嵐にリスペクトがあったら絶対にこんな動画出さない」といった批判が相次ぎました。

その一方ファンからは「 ネタ出すくらいいいのでは」「 ユーチューブで先輩なのは事実」といったスカイピースを擁護するコメントも見られました。

YouTubeチャンネルを始めたのはスカイピースの2人が先とはいっても、長年様々なジャンルで活躍してきた嵐に対して上から目線なのは、嵐にも嵐ファンにも配慮が足りていなかったと思います。特にジャニーズの頂点である嵐のファンを怒らせると大変です。この動画は2人も炎上覚悟で投稿したのではないのでしょうか。

YouTuberにとって炎上というのは、自分たちの名前を売る1つの手段なのかもしれませんが、誰かを批判したり、批判されたりしているのを見るのは少し悲しい気持ちになりますよね。これ以上の炎上は避けてほしいです。

まとめ

ポイント
  • スカイピースの2人が他のYouTuberにつけたあだなが失礼すぎた
  • よりひとさんの投稿した動画を発端によりひとさんとテオくんが喧嘩した
  • こなんさんとテオくんは交際をひていしているもののファンからは疑われ続けている
  • 嵐に対しての敬意に欠けた動画を投稿して非難が相次いだ

このように何度もスカイピースの2人は炎上してきました。それでもいつも笑わせてくれる動画を配信している2人を応援しています!

ご視聴ありがとうございました